アトピー対応の洗剤を使おう|花粉対策もバッチリだ

アトピーの原因

荒れた肌

アトピーの原因の1つに合成界面活性剤という成分が含まれる洗剤があります。薬で症状が改善しないという人は一度洗剤を天然素材ものに変えてみると有効です。また重曹は肌に優しく洗うにも適しています。

Read more »

水素水ダイエット

ミルク乳液

水素水ダイエットには、体内のドロドロをサラサラにする効果や、体内脂肪の燃焼効率を良くする効果があります。また、水素水は健康にも非常に良いので、健康的にダイエットを行うことが出来ます。

Read more »

敏感肌のケアと留意点

ファンデーションをつける

敏感肌のケアは常に清潔な状態を保つという事と、刺激物を出来る限り減らしてソフトな手入れに努める事がとても大切です。 生活上どうしても発生しがちな雑菌やホコリも肌に対する刺激になるので、まめに洗うという事とその後の肌ケアを丁寧に行う事で肌トラブルと予防する事が出来ます。 この際に使う石鹸などのアイテムも自然素材や低刺激の物等を選ぶと安心です。 敏感肌用に作られている品やアトピー対応の品でも充分使う事が出来ます。 洗って清潔になった肌のケアはしっかりとした保湿と油分の補給になります。敏感肌の刺激に対する反応は肌が乾燥しているとさらに過敏になる事がとても多いので、予防をするという意味でも洗った後の肌のケアがとても大切になります。

敏感肌に対応する刺激物を出来るだけ生活圏から遠ざける事はとても大切です。 アレルギー反応による皮膚炎というレベルまではいかなくても、刺激に反応してしまうという事は共通しているので、原因となりそうなものに極力触れないという事が大切なのです。 女性用の品で意外と多いのが香料と保存料です。 最低限のレベルでは必要な品が多いのですが、フレグランスを強調された品や、使い切りの化粧品ではないタイプで長期間使用可能な物は保存料が多めに使われている事があるので注意が必要です。 刺激に対応する品を遠ざけるという意味では香料が少ない物、無添加や低刺激という状態で作られている品を選んだ方が安全です。 平均して基礎化粧品などのアイテムは開封したら3カ月程度で使い切るペースが製品の能力が劣化する前に使いこなせるペースになります。特に保存料があまり使われていない品の場合は密閉性を高く温度変化に左右されない状態で保管をして使い切ります。 このように肌に悪い刺激になりそうな原因を極力遠ざけるようにし続ける事が大切なのです。

注目の記事

女性にも男性にも良い

肌のメンテナンス

化粧品ではなく、柿渋石鹸を活用して綺麗になる方法があります。柿渋石鹸には美肌作用があるので、多くの女性に喜ばれていますが、体臭対策にもなるので男性にも評価されています。

Read more »

肌にいい美容液

頬がカサつく

美容液は、化粧品と同じ分野であり美容液を使用することで、肌の質は良い状態になります。美容液は市販でも手に入れることも出来ますが、エステ店などでも付けてもらうことも出来ます。

Read more »